• 受付中
      • 12月17日(土) 10:00~12:00
  • 【岡崎城】家康のふるさとは、実は対家康戦に向けて築かれた巨大城郭都市だった!?
    ~激渋木造アーケード、東海道の二十七曲り!都市計画家と読み解く岡崎城くるわ廻り~

来年の大河ドラマ「どうする家康」で湧く
徳川家康の生誕地、岡崎城。

意外と知られていないのが、
日本屈指の巨大城郭だっていうこと!

しかも、この城郭都市岡崎は、
皮肉にも、対家康戦を想定して築かれたものだった
ということをご存知でしょうか?

今回は、岡崎のまちの専門家であり、
都市計画家のガイドと共に
細かすぎて気づかない歴史の痕跡を辿りながら
豊臣秀吉の家臣・田中吉政が作り上げた
この数奇な都市の成り立ちを紐解きます。

東海道二十七曲りはなぜ屈曲だらけなの?
強固な城郭を築いた石工街ってどういうこと?
なぜここにルネッサンス様式の近代建築が?
今アツい激渋木造アーケードまで。

戦災に焼かれながらも復興し、
様々な時代の面影が重層的に
織り上げられた岡崎のまちへ。

岡崎城くるわ廻りに出発です!


ガイドさん

  • 天野裕 さん

    岡崎まち育てセンター・りた 事業企画マネージャー。工学博士。専門はコミュニティ・デザインとメキシコシティの都市民衆運動史。高校時代に河川敷や公園でライブ活動を始めたことがきっかけで、東京とメキシコシティでまちづくりを学ぶ。岡崎市では、松應寺横丁、河川活用の社会実験、QURUWA戦略などのプロジェクトに携わる。

    担当コースを見る >

開催日時
2022年12月17日(土)10:00~12:00頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
岡崎市図書館交流プラザりぶら(メインエントランス前) 地図(Googleマップ)
・名鉄バス「図書館交流プラザ」からすぐ
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:4.0km】1.岡崎市図書館交流プラザりぶら → 2.岡崎城 → 3.菅生川端石垣 → 4.殿橋、桜城橋 → 5.中央緑道 → 6.岡崎信用金庫資料館 → 7.籠田公園 → 7.連尺通(旧東海道・総堀跡)→ 8.松應寺(解散)
参加費
3,500円(保険料含む) 
※小学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
定員
18名(要予約)
コースナンバー
to22d071
  • 新型コロナウイルス対策について>
  • 参加費は当日集合時、現金にてお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 集合場所はわかりにくい場所の場合もありますので、事前にお調べいただき、間違えないようにがんばってお越しください。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 日除け、防寒対策は各自でお願いいたします。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。
  • ツアー終了後、アンケートにご協力ください。アンケートフォームはこちら

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:12月17日(土)まで

▲ ページ上部へ