• 受付あと少し
      • 1月28日(土) 10:45~13:30
  • 【和菓子】岐阜城下町で受け継ぐ茶の湯と菓子文化、信長公のおもてなし甘味歩き
    ~270年続く松風、干し柿由来の柿羊羹、信長公の金平糖、老舗菓子六軒巡り〜

実は甘党だった?!織田信長が
宣教師ルイスフロイスに贈られ、
日本で最初に食べたと言われる「あのお菓子」を
ご存知でしょうか?

今回の舞台、岐阜町は、今も茶の湯文化が息づく町。
茶室を有する寺や町家があり、
和菓子の老舗も数多くあります。

信長公ゆかりの岐阜善光寺を皮切りに
岐阜町の甘味をとことん食べ歩き。

稲荷山の西ふもと、
尾張藩の岐阜奉行所があった界隈は、
寺社仏閣はもとより
たくさんの“甘いもん”がひしめきあっているとか。

270年前から作り続けられる松風、
干し柿由来の柿羊羹…。

案内するのは、
和菓子好きが高じて「あんこおじさん」の異名をもつ
ベテランの岐阜市まちなか案内人平山さん。

実は甘党だったと言われる信長の足跡を辿りながら、
岐阜城下町で受け継ぐ茶の湯と菓子文化、
信長公のおもてなし甘味歩きに出発です。

※本ツアーは、日本遺産「信長公のおもてなし」が息づく戦国城下町・岐阜を楽しむモニターツアーとして、以下の主体により実施いたします。
委託元:ぎふ歴史遺産活用推進協議会
運営:NPO法人ORGAN(まいまい東海事務局)


ガイドさん

  • 平山晃 さん

    甘いものが大好き。岐阜市まちなか案内人歴15年のベテランガイドとして、信長公の戦国城下町を案内し続けてきました。SNSでは気になるコンビニスイーツの食レポから岐阜市のモーニング情報など美味しい話題を発信。周りから「あんこおじさん」の愛称で親しまれる。甘いもの×歴史まちあるきならお任せください。

    担当コースを見る >

開催日時
2023年1月28日(土)10:45~13:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
善光寺安乗院 地図(Googleマップ)
・岐阜バス「伊奈波通」から徒歩約5分
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
コースルート
【距離:2.0km】1.善光寺 → 2.薄皮たい焼き福丸 → 3.誓願寺 → 4.本誓寺 → 5.法華寺 → 6.亀甲屋本舗 → 7.長崎屋本舗 → 8.浄安寺 → 9.両香堂 → 10.川原町界隈 → 11. 緑水庵(解散)
参加費
2,500円(保険料含む) ※6店舗和菓子付き
※小学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要 詳しくはこちら>
参加条件
モニターツアーのため終了後アンケートに必ずご回答いただける方
定員
12名(要予約)
コースナンバー
to23a009
  • 新型コロナウイルス対策について>
  • 参加費は当日集合時、現金にてお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 集合場所はわかりにくい場所の場合もありますので、事前にお調べいただき、間違えないようにがんばってお越しください。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • キャンセル料について詳しくはこちら>
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 防寒対策は各自でお願いいたします。
  • 雨天決行です。暴風警報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。

参加予約ページが表示されない場合はこちら >

予約受付:1月28日(土)まで

▲ ページ上部へ